deepcreekkoifarm.com

ナビゲーション: トップ > 養殖の鯉
養殖業について
最新養殖業ニュース

養殖の鯉

鯉の餌は以前書いているように雑食なので口に入れば何でも食べてしまいます。
しかし、養殖の鯉に関しては最終的に人の口に入るためきをつかっています。
現在では、鯉の養殖から加工までを一貫して行っているところは少ないです。
また、餌にこだわっているところも少ないです。
この餌にこだわっているところでは蚕の蛹と麦、パンを与えています。
これは、蚕の蛹は活動するためのエネルギーに変えるためです。
麦やパンを与えるのは例えて言うと鯉をトロのようにするために与えています。
もっというと牛にビールを与えて霜降り肉にするようなものと同じです。
つまり脂がのっておいしくなるということです。
ちなみにこの蚕の蛹や麦はただ与えるだけではありません。
これらを一度に詰めたうえで与えます。
そうすることによってこれらのものが柔らかくなり栄養の消化吸収もよくなるからです。
このように、鯉は雑食でなんでも食べますが養殖のものはきちんと管理された餌が与えられています。
さらに、水の管理まで行っています。
そうしないと全滅する可能性があるからです。
ですが、ここまで手の込んでいるものなら安心して口に入れることができます。
食用の鯉はこのような頑張りのもとで育てられています。